BACnetゲートウェイ/Icont

BACnet ゲートウェイ


【概要・特長】
ビル管理における国際通信規格であるBACnetと、PLCを接続するためのゲートウェイ装置(ハードウェア+ソフトウェア )です。

PLCとBACnetを容易に接続

bacnetgw_400x369.jpg

   ■各BACnet規格に対応
   ・ANSI/ASHRAE Standard 135-2004
   ・ANSI/ASHRAE Standard 135-2004 アデンダムa,b
   ・電気設備学会 IEIEJ-P-0003:2000 アデンダムa
   ・電気設備学会 IEIEJ-G-0006:2006
  ■専用ハードによるメンテナンスコスト削減(ファンレス化・ハードディスクレス化)
  ■連続安定稼動の実現:安定稼動OS(LinuxKernel2.6)
  ■複数台PLC接続対応(最大10台)
  ■簡単な割付け定義:専用構築ツール(定義をCSVファイルでHIMと共有)
  ■IPv6プロトコルに対応

  [対応PLC]
  富士電機 製: MICREX-SX
  三菱電機 製: MELSEC Q シリーズ
  オムロン 製: SYSMAC
  KEYENCE 製:KV-5000/KV-3000/KV-1000/KV-700

 
【システム構成例】

[BACSシステムの構成例]

BACnetシステム構成1
 

  ・B-OWS:BACnet Operator Workstation
  ・B-BC:BACnet Building Controller
  ・BEMS:Building Energy Management System


[PLCゲートウェイシステム]
BACnetプロトコルを使用し、既存のSCADAシステムにビル管理情報を取り込むことができます。

 
BACnetシステム構成2


※富士アイティ は、ASHRAE BACnetベンダーID(No.168)を取得しています。